雨の日の縮毛矯正

雨の日の縮毛矯正

雨の日の縮毛矯正

カラーやパーマが雨の日だと敬遠されがちになるのに比べて、雨の日や梅雨時の湿度が高い状況の方が希望するお客さんが多いのは縮毛矯正です。これは雨の日や梅雨時には髪の毛に癖がある人にとっては、スタイリングにかなり苦労する事になります。ですから思い立って縮毛矯正をかけたいと考える人も多いものです。思い立って美容室に立ち寄る人もいるかもしれません。ですから縮毛矯正に関してはパーマやカラーと違って雨の日でも人気があるんですね。そして実は雨の日の方が縮毛矯正をかけるには適しているとも言えます。それはその人にとって厄介な髪のくせが湿度の高い日には一番強く出るからです。一番強く癖が出る日にきちんと強制されるように施術を受ければ、他の日にも十分その矯正は通用します。おそらくその効き目は湿度の低い日に施術してもらうよりも効果を感じる事が出来るのではないでしょうか。ただ美容室の店内は空調が効いていて湿度も管理されています。おそらく施術後にお店の外に出ると、かなり高い湿度に曝されることになります。そこで見極めたいのは、お店の外に出た途端にまたクセが出る用であればそれは縮毛矯正があまり効いていないという事の判断材料になります。お店の外に出てもそれでもきちんと綺麗な髪のままなのであれば、その施術の質は高いものである、と言えるでしょう。現実問題として「多くの外国人が日本の美容室を利用従っている」と言う事がある訳ですが、それを受け入れる美容室の対応はまだまだ追いついているとは言い難いところがあるようです。「外国のお客様にそんなに来られても困る」という意思が従業員レベルではあるのではないでしょうか。経営者としてはそういった外国人を受け入れる事で利益を伸ばす事ができますから、何とかして外国人の対応が上手くできるようにしたい、と思っているかもしれませんが、実際に外国人に接する事になるスタッフが外国人に対して少し逃げ腰になっているケースも多いのではないでしょうか。特に日本人はそもそも外国人に対して苦手意識を持っている民族です。相手の国の言葉を聞き取れない・話せない、となるととたんにその外国人から離れたくなるような傾向があります。そういう気持ちが美容室のスタッフにあるとなかなか外国人のお客様に満足してもらう事が難しくなるかもしれません。言葉が伝わらない事は仕方のない事ですが、伝えよう、理解しようとするその気持ちを示す事は大切な事でしょう。そういう前向きな気持ちと言うのは言葉が伝わらなくても感じ取ることができるでしょう。スタッフが一生けん目に対応しようとしてくれている、という評価を得る事も大切な事だと思われます。八潮 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ