美容師らしい話題

美容師らしい話題

美容師らしい話題

お客さんの立場からすると、美容室での会話というのは「美容師さんと話をするチャンス」でもあるわけです。普通の日常会話であれば、誰を相手にしても出来る事ですよね。天気の話、グルメの話、などです。ですがお客さんは料金を支払って美容室に来ている訳です。そこでの会話が「楽しい」と感じるのは、日常では出会う事のない「美容師」という立場の人と会話ができるからではないでしょうか。自分が知らない美容師の世界、自分が持っていない美容師のプロとしての知識、そういうものを知るチャンスでもある訳です。ですからお客さんと会話をする時には、親しみやすい様にと普通の会話をする美容師もいますが、お客さんとしては自分が知らないような美容師の世界を垣間見てみたい、という願望も少なからず持っていると思いますから、少し自分が美容師であることを意識した会話をするのも一つの手だと思います。たとえばちょっとしたスタイリング方法を伝授するとか、もしもお客さんが自分で前髪カットをするような人ならば、少しセルフカットのアドバイスをしてあげる、とかです。もちろんすべてを話してしまうのは、企業秘密もあるでしょうから無理な話ですが、上から目線にならない程度のプロっぽい話題、というのはお客さんの興味を引き付けるのではないでしょうか。1人のメンバーが長期的な休暇をとった場合、その間の美容室の人間関係というのは、その美容師が抱えていた顧客を誰が担当するか、という事でそわそわしているものかもしれません。どの美容師も一人でもその人が抱えていた顧客が自分に担当させてもらえないだろうか、と思っているはずですから、その事は逆に客の立場からすればチャンスだとも言えます。おそらくどの美容師も、自分に担当させてほしい、もしもそこで気に入ってもらえたならば、たとえ前任の美容師が復帰しても自分の顧客のままでいてくれるようになるかもしれない、と考えているものだと思います。ですからこのチャンスをものにするために、おそらく一生懸命に施術をしサービスをしてくれるものと思われます。ですからお客さんが多少のわがままを言ったり、文句を言ったりしても、おそらく許されたりするものではないでしょうか。逆にお客さんの方もこのチャンスを逃さずに、その美容師さんに自分の好みやしてほしい事を、その美容師にアピールするのも良いかもしれません。美容師にとって顧客が付くのは本当にうれしい事です。おそらく例え先輩美容師が休暇を取っている間だとしても、そのチャンスを見逃すわけにはいかない、と思うのが本音なのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ