カフェインの摂り過ぎが美容に悪い

カフェインの摂り過ぎが美容に悪い

カフェインの摂り過ぎが美容に悪い

コーヒーの飲み過ぎは女性にとって特に美容の悪影響が考えられるので控えたほうがいいかもしれません。その理由としては体を冷やしてしまう効果と貧血になりやすくなる効果、自律神経の働きを乱してしまう可能性があるからです。カフェインの持つ利尿作用が排尿の回数を増やしそれによって体の体温が奪われる結果になります。カフェインの摂り過ぎで体温が下がってしまうと代謝も悪くなってしまうかもしれませんので体の冷えに悩んでいる人はできればコーヒーで体を温めるという方法はとらないようにしたほうがいいです。カフェインは鉄分の吸収を阻害します。ミネラルは吸収されにくい特徴がありますのでカフェインによって更に鉄分の吸収が阻害されてしまうと貧血を引き起こしてしまいます。血液の不足してくれば体の中に栄養を運ぶ機能も低下して肌の調子も悪くなります。肌のくすみがきになるという人はカフェインの摂り過ぎによって貧血が引き起こされる前兆かも知れません。普段からカフェインをとっているという人はしばらくやめてみると肌の調子も元に戻る可能性があります。カフェインの重要な働きとしては交感神経を優位にして覚醒状態にするということです。自律神経は交感神経と副交感神経がうまく切り替わってバランスを保てていますが、カフェインによって自律神経のバランスを崩されているとホルモンバランスもみだれてニキビなどの肌トラブルが引き起こされるようになります。カフェインによる美容のマイナス効果を理解して摂取量に気を付けるようにして見て下さい。行徳 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ