朝食を抜いた生活はなぜ太りやすいのか

朝食を抜いた生活はなぜ太りやすいのか

朝食を抜いた生活はなぜ太りやすいのか

朝食を抜いている人は太りやすい人になります。朝食を食べると代謝が上がり、体の脂肪を燃焼しやすくなります。しかし朝食を食べないと効率的に脂肪を燃焼することができずにダイエット効果が期待できなくなります。朝食を抜くと痩せにくいということは分かりますがどうして太りやすいになるのでしょうか。摂取カロリーを単純に減らすことができているのでたとえ代謝が悪くても痩せそうな物です。太りやすい体質かどうかは食事ごとの間隔によっても決まります。朝食を食べる前に夕食を食べますが、夕食を食べてから寝て、それから朝食を食べるというのが普通の生活になります。もしも夕食を食べた後に朝食を食べない場合は次の昼食まで半日以上は食べない状態になります。半日も食べない状態になると体は飢餓状態となり、より効率的にエネルギーを取り込もうとしますし、取り込んだエネルギーは出来るだけ消費しないようにしようと体が働いてしまいます。飢餓状態を迎えている時にもしも昼食を食べたら、通常よりも脂肪がつきやすくなってしまいます。そしてその脂肪は簡単に消費されなくなり太りやすくなるのです。体が飢餓状態を迎えないようにするためには食事の間隔を長く取り過ぎてはいけません。3食を出来るだけ等間隔で食べていくことが太らないための食事法になります。朝食を抜いた生活は太りやすいというのにはちゃんと理由があるのです。カロリーを抑えることよりも大事なことがありますので朝食はしっかりと取るようにしてください。寝不足と肥満に関係があるなんて思う人は多くないかもしれません。実は寝不足の人は太りやすいというデータがあります。寝不足と肥満にはどんな関係があるのでしょうか。寝ている間は人間の体はほとんど動きません。そのため動いている時に比べてカロリーが消費されなくなりますので、結果的には寝る時間が長いほど太るのではないかと言うのが一般的な考え方になります。しかし寝不足になると人は食欲を増進させルホルモンが分泌されます。食欲が増してしまいますので当然食べる量も増えてしまい、寝不足は太るということになってしまいます。起きている時間の長さを利用して消費カロリーを増やすために有効に使おうとしても消費した分は食欲で満たされてしまいますので結局痩せることができなくなります。もしもしっかりとした睡眠時間をとっている場合には食欲を増幅されるホルモンの分泌が抑えられて食べる量が自然と減ることになります。活動する時間も短くなるということで必要以上のエネルギーを体が欲しませんので、太らずに済むと言うことになります。睡眠時間が3時間も違うと1日の摂取カロリーは200から300キロカロリーの減らすことができると言われています。寝る時間を長めにとってダイエットのしやすい状況を作ってあげるといいかもしれません。寝すぎは健康にも美容にもよくありませんから8時間睡眠を目安にしてみるといいでしょう。美容院 辻堂駅 デジタルパーマ ヘッドスパ おすすめ 口コミ 予約


ホーム RSS購読 サイトマップ