どうして冬は乾燥しやすいのか

どうして冬は乾燥しやすいのか

どうして冬は乾燥しやすいのか

冷暖房のある生活が当たり前となってきている現代社会では肌は常に乾燥状態となっています。特に冬は乾燥しやすい季節で、年齢に問わず多くの人が乾燥に悩まされています。冬が夏に比べて乾燥しやすいのは気温の低さからくる空気中の水分量の違いです。よく冬は湿度が低いといわれますが、湿度の低さよりも気温の低さが問題になります。気温が高くなると空気中に含むことのできる水分量が多くなります。逆に気温が低くなると空気中に含むことができる水分量は少なくなります。気温0度の湿度100%と気温30度の湿度100%では同じ100%でも水分量は気温30度のほうが多くなります。寒い季節になると空気の中に含むことができる水分自体が少なくなるため乾燥しやすくなるということです。冬は暖房を使うことも多くなりますが、室内の温度を上げたとしても水分がなければ意味がありません。室内温度を20度にしたにもかかわらず水分がないままでは通常以上に肌は乾燥しやすくなります。室内と室外の気温差が大きくなるとそれだけ乾燥しやすくなるということになります。さらに人の肌は常に30度くらいを維持している状態です。つまり肌の周りの体温は気温に比べて高いということになり、湿度がより低い状態となります。そして低い湿度を補うために肌の水分を奪い取り、肌内部の水分は失われていくという流れができてしまいます。冬に肌が乾燥しないようにするためには温かい部屋で過ごすとき湿度が下がらないようにすること、肌の水分が空気中に逃げないように露出を控える、という基本的なことがとても重要なのです。人の肌細胞は新陳代謝によって常に新しく生まれ変わっています。肌を作っていた古い角質細胞は新しく生まれた角質細胞に変わり、古い細胞は垢となって剥がれ落ちていきます。これは頭皮でも同じことが起きていて、古い細胞はフケとなって剥がれ落ちていくのです。フケというと不潔なもの、頭皮を傷めるものといったイメージを持っている人も多いと思いますが、誰にでも発生するものです。フケが多い悩みに対してシャンプーでの過剰な戦場で対処してしまう人もいますが、肌の洗いすぎがトラブルを引き起こすようにシャンプーでの洗いすぎも同じように頭皮トラブルを引き起こします。フケが多くなってしまう理由は新陳代謝が正常に行われていないことが問題で皮脂の量ではありません。新陳代謝を正常に働かせるようにするために、生活習慣の改善、食生活の見直しを行い、紫外線対策をしっかりと行うようにすることが大事です。シャンプーで洗いすぎてしまうと頭皮を守っている皮脂が必要以上に洗い流されてしまい頭皮が乾燥します。この乾燥も新陳代謝に悪影響を与えるため、フケが多くなったからといって洗いすぎてはいけないのです。間違った対処法が頭皮を傷めてしまいフケが多くなる理由につながるということを覚えておいてください。フケは乾燥しやすい冬に多くなります。そのためフケが多いという悩みを抱えているときにはまず頭皮の乾燥を気にしてみましょう。頭皮ケアを行い乾燥している頭皮に潤いを与えてあげることが問題解決の方法です。与野本町の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ