灰皿交換もタッチパネル

灰皿交換もタッチパネル

灰皿交換もタッチパネル

最近ではタッチパネルで注文できるのは、メニューだけとは限りません。たとえば灰皿交換もタッチパネルでお願いできるようになったようです。灰皿交換というのは、店員にとっては結構煩わしい仕事となっているかもしれませんが、なんといっても灰皿交換のためにわざわざ呼ばれるのは、店員としては面白くない気分でもあったでしょう。また頼む方も「またか…」と思われたりしないかな、などとちょっと後ろめたい気持ちも有ったかもしれませんが、タッチパネルでお願いできるならばなんとなく気楽です。わざわざ「灰皿を交換して」と口に出して言わなくても良い、というのはかなりその敷居が低くなると思われます。もっとも最近では喫煙すること自体がちょっと後ろめたいような世の中になってきましたから、喫煙者はそれだけで肩身が狭い、という話も良く聞きます。ですがせっかく居酒屋で楽しんでいるのであれば、喫煙もルールの範囲内であれば気兼ねなく吸いたいですよね。灰皿を交換してほしい、という事を言うのがなんとなく申し訳ないな、と思っていた人たちにとっては、この方式で交換をお願いできることは、とても気軽になった事と思われます。だからといって便利過ぎて言いたい放題、となってしまうのは良くありませんけどもね。みなさんはスイーツと言えばどんなものが好きでしょうか?真っ先に思い浮かぶのは様々な形をしたケーキ類だと思うのですが、最近ではそのケーキも種類が豊富になって、ケーキと定義できるのかどうか疑問に思ってしまうような形状のものも有ります。その点、昔ながらのスイーツ、と言っても一昔前は「デザート」と賞していたように思いますが、その代表はパフェではないでしょうか?おそらくみなさんもパフェを思い浮かべて、と言われたらすぐにその姿を思い浮かべる事が出来ると思います。ですがこのパフェと似た様な種類のものに、サンデーと呼ばれるものや、アラモード、と呼ばれるものも有ります。これらの共通点は、それぞれに使われている材料の様な気がします。それでもその名前が違うのは、どうしてなんでしょうか?それぞれカタカナで表記される、という事は日本で誕生したデザートではない、という事なのでしょうか?多くの人がこれらの類のものを食べる時には、メニューの写真を見ながら、これらの味はどう違うのだろうか?と首をかしげているのではないでしょうか。入っているものがほぼ同じ、というケースも良くありますよね。それぞれの違いを知っていれば、より楽しく食べる事が出来るかもしれませんし、より自分好みのものを選ぶことができるかもしれませんね。肉 代官山 ステーキ 和牛 肉寿司 人気 個室 口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ