自分でも出来るケア

自分でも出来るケア

自分でも出来るケア

人々は「美容室に行ってキレイになりたい」という願望はいつの時代も持っていますが、そのためにかける事の出来るお金というのは、何時の時代でも生活費の中でもどちらかというと不必要なお金でもあります。生きるために必要なのはやはり食費や光熱費で、できるならば美容にかけるお金は抑えたい、と考える人はいつの時代でも多いものです。そうなってくると、美容室でお金を掛けなくても自分で出来る事は自分でやってみよう、と考える人も多くなってきます。外食ばかりしていると食費がかさむので自炊しよう、と考えるのと同じかもしれません。たとえば前髪だけ切ってもらうために美容室に行くのは料金がもったいないから、それぐらいは自分でカットしてみよう、と思う人はいつの時代でも多いと思います。実際に美容師さんからも前髪のセルフカット方法を教えてもらう人も良くいますよね。もちろん美容室にとってはたとえ前髪カットだけであっても、美容室に足を運んでほしい、と思っているに違いないのですが、お客さんの気持ちも理解できるものですよね。また多くの常連さんを抱えている美容室などでは、実際には前髪カットだけのために来店するお客さんとまでじっくりと関わっている時間が無い、というような事情もあるかもしれません。派遣美容師として働くメリットと言うのは、問題が起きた時に実感する事と思います。それは何か自分の都合で希望を言いたい場合、美容室に雇われている立場だと、言いにくい事や、言ってしまったがために関係がぎくしゃくしてしまう、というようなことが起こりやすくなりますが、派遣で働く時には、希望を申し出る先は美容室ではなくて派遣会社です。つまり派遣会社が実際に働く場所と美容師との間に立って物事を勧めてくれるので、関係が悪化するような事はあまり無いと言われています。また派遣会社が間に入る事でより法令順守される傾向にあります。雇う側と雇われる側の「まあこれぐらい」というような感覚で残業を頼んだり、サービス残業をしたり、というような状況が起きにくくなるのではないでしょうか。「給料をもらっているのだから」とか「長年世話になっているのだから」というような感情でものをいう様な関係が、美容室と美容師の間では起こりやすいものですが、そう言った事が良い意味で割り切った関係でいられるのが派遣美容師ではないでしょうか。ですが実際に美容室に問われている美容師と同じ場所で派遣として働く、というのは、自分だけが残業をしなくて良い、というような立場になると、割り切って仕事を切り上げる事が出来るか、というとなんとなく申し訳なくなる人もいるかもしれませんね。鶴瀬にある床屋


ホーム RSS購読 サイトマップ