顔のエリアに合わせたスキンケアを心がけよう

顔のエリアに合わせたスキンケアを心がけよう

顔のエリアに合わせたスキンケアを心がけよう

人の顔はいくつかのエリアに分ける事が出来てエリアごとに特徴が違ってきます。そのためスキンケアをする時にはそのエリアの特徴を理解してケアしてあげる必要があります。まずは額から眉間を通って鼻先までのライン。ココはTゾーンと呼ばれていて、人の顔の中でも一番皮脂量の多い部分です。皮脂量が多いので洗顔をするときには一番丁寧に洗ってあげる必要のある場所です。皮脂の多さからトラブルも多く、ニキビや毛穴汚れに悩まされやすくなります。次に頬から顎のラインのUゾーンです。ここは基本的に皮脂の分泌量が少なくなる部分です。皮脂分泌が少ないため乾燥しやすい場所でスキンケアでは保湿に力を入れてあげる必要があります。乾燥が進むとニキビもできやすくなりますが、思春期ニキビとは違い大人ニキビと呼ばれます。目の周りのエリアも特徴があります。皮膚が薄くてシワやシミの出来やすい部分です。スキンケアをするときには特に刺激を与えなように優しくケアをしてあげる必要があります。乾燥しやすい場所ですが、保湿の手抜きが目立ちやすい場所になりますので、スキンケアでは保湿を丁寧に行う事が大事です。表情筋の集中している口周りは顔の代謝にとって特に重要となる場所です。表情筋がしっかりと鍛えられていればフェイスラインが整いますし、新陳代謝も活発になります。乾燥しやすい場所になりますので、保湿を丁寧に行い、表情筋のトレーニングを欠かさないようにしましょう。顔のエリアに合わせたケアを行なっていく事がスキンケアの基本ですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ