硬い筋肉を持っている人は妊娠線に注意

硬い筋肉を持っている人は妊娠線に注意

硬い筋肉を持っている人は妊娠線に注意

妊娠して肉割れを起こしてしまうのは肌組織が固くなっているからです。本来なら乾燥しないように保湿していくとある程度の柔らかさを維持し伸縮性を持たせることが出来るようになります。しかし体質的にそれが難しいと言う人も中にはいます。それは筋肉の量が多い女性です。硬い筋肉に覆われている女性は妊娠して脂肪が付きお腹が出てくるようになると硬い肌組織に亀裂が入りやすくなります。筋肉には柔い筋肉もあり、そういった人は妊娠線もできにくいわけですが、硬い筋肉がついてしまっている人はそれだけ妊娠線が出来やすいということになります。激しいスポーツなどをしていた人は体質的に妊娠線ができやすくなるということになります。そんな人は特に入念に保湿を行い、体重のコントロールをしていく必要があります。スポーツをした人は代謝がよく痩せやすい体質をしているので体重のコントロールがやりやすくなりますが、食欲にまかせて食べすぎてしまうと妊娠中の体重増加で肌組織が傷んでしまう可能性もあります。硬い筋肉はストレッチなどで日頃から伸ばしておくなどしておくだけでも妊娠線の出来やすさにちがいが出来る可能性もあります。妊娠してからではなく妊娠前から対策を行なっていくと肉割れの悩みを抱えなくて済むかもしれません。まだ結婚していない人や姙娠していない女性も肌組織を柔らかくするために保湿やストレッチを今から始めていくと妊娠線の心配をせずに子供を育てることができますよ。朝の洗顔はどの程度に済ませているでしょうか。洗顔フォームを使っていると言う人もいれば使わないという人もいるかもしれません。朝の洗顔では水で流すだけという人も多いようです。夜の洗顔の場合は肌には色々な汚れがついています。一日のホコリや皮脂、メイク汚れ等です。そういった物を落として綺麗にするためにはしっかりとした洗顔が必要になります。しかし朝の肌の汚れはどうでしょうか夜寝ている間にも確かに肌に汚れが付きます。そして寝ている間に皮脂は分泌されるので、洗顔が全く必要無いということにはなりません。朝の洗顔は肌の状態によって洗い方が違ってきます。たとえば皮脂汚れが多くなれば洗顔フォームを使ったほうが良いですし、汚れが少なければ使う必要もありません。皮脂の汚れは寝ている間に酸化していますのでそのまま放置しておくと肌トラブルを引き起こすことになります。しつこい皮脂の汚れには洗顔フォームが必要になるのです。寝て起きた時には皮脂の量を確かめてみましょう。肌を直接触ってみるだけでも皮脂の分泌量は分かります。その時にいつもに比べて多いと感じた時には洗顔フォームを使います。少ないなと感じた時にはぬるま湯で洗います。水で洗うのは皮脂汚れが落ちませんのでお勧めしません。朝の洗顔は時間が無いために洗顔フォームを使わないと言う人が沢山いますが、それでは肌の汚れを落とすことが出来ないというケースもありますので、状況に応じて使っていくようにしてください。菊川の美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ