この美容室が良いという前提

この美容室が良いという前提

この美容室が良いという前提

どんなに美容室側が「次回予約」を勧めても、なかなかそれに応じてくれるお客さんが少ない、という可能性もあります。ではどうしてお客さんは次回予約をしてくれないのでしょうか。そこにはまず大前提があって、「次回もこの美容室に来たいな」と思ってくれている人でなければ、絶対に次回予約なんてしませんよね。どんなに美容師に薦められても「そもそもこの美容室に来るのがもう嫌なんだ」と思われていたらどうしようもありません。つまりお客さんにとって次回予約をする事の最大の条件は、その美容室が自分にとって良い美容室であることなんですね。逆の立場から言えば、美容室はお客さんにとって「また来たいと思う美容室」でなければならないわけです。そうでなければその場は美容師の言葉に押されて次回予約を入れるお客さんもいるかもしれませんが、おそらく帰宅後にキャンセルの電話をかけてきたりするのではないでしょうか。次回予約を取る事にばかり必死になっていても、そもそもお客さんにとって良い美容室でなければ何の意味も有りません。どんなに力を入れても思う様に次回予約が入らない、という場合には原点に立ち返って、お客さんに満足して頂ける美容室であるか、という事を振り返って見なくてはいけませんね。就職活動において面接もとても大切ですが、その前に証明写真を提出しなくてはいけない事が殆どです。ですから就活向けのヘアスタイルを考える時には、合わせて証明写真で感じの良い映りになるようなスタイルや髪色を考えなくてはいけません。よくある失敗の一つが、多少の茶髪はOKな会社だから、と少し明るめのカラーを残したままにしている場合です。証明写真と言うのはかなりの顔にかなり明るめの照明を当てて撮影します。ですから少し明るくしているだけ、と自分では思っている髪色でも、証明写真が出来上がってくると、思った以上に明るい髪色になっているケースが多いのです。ですからやはり髪色は黒に戻した方が、証明写真でも悩まなくて済むのではないでしょうか。また写真を自動の証明写真撮影機を使って自分で撮影する人もいるかもしれませんが、それも良くありません。最近ではプロの写真館などで撮影してもらえば、例えば髪の毛が少し跳ねていたりしても訂正してもらう事ができます。ですが自動の機械ではそういう事は出来ません。かなり自分で意識して撮影しなくては上手く撮れないのではないでしょうか。髪が跳ねている様な写真を貼付するのでは、面接の前から印象が悪くなってしまいます。気を付けたいものです。中目黒にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ