休暇中の美容師の焦り

休暇中の美容師の焦り

休暇中の美容師の焦り

美容師も人間ですから年を取っていきます。若くして美容師としてデビューできたとしても、特に女性美容師であるならば、その後結婚や出産と言った仕事以外の人生の転機の様なものも経験する人が多いものです。特に出産・育児と言ったものは、女性美容師にとっては、体力勝負の美容師と言う仕事に大きく影響してくるのはどうしても避けては通れません。仕事では誰にも負けたくない、と思っていても、主産や育児のためにどうしても仕事から離れる時期を経験する事になります。その間もちろん出産や育児という女性としてとても大切な時期を経験するわけですから、私生活では充実しているに違いないのですが、仕事の事を考えると何となく自分が取り残されてしまうような感覚になってしまう美容師も多いのではないでしょうか。特に美容師と言う仕事は、テクニックだけの問題ではなく、トレンドにも敏感であることが求められる仕事です。家庭の事、我が子の事に没頭している間にも世の中のトレンドはどんどん変化しているものです。そういう事に敏感でいられる時間が少なくなってしまうのは、ますます美容師としての自分が置き去りにされるような気持になってしまうかもしれません。そういう時に焦ることなく主産や育児を経験したからこその自分の感性と言うものを大切にできる美容師は復帰後の更なる活躍が期待できるものでしょう。最近の美容室では、美容師はヘアスタイルを作るテクニック、という本来の技術の他に、お客さんとの会話術を求められるケースが殆どです。美容師さんの多くは初らいん転してくれたお客さんに対しては、よりよいテクニックを提供する事ももちろんなのですが、お客さんが美容室に来ている時間をいかに楽しく過ごしてもらうか、という事も考えなければならないようです。そしてそのお客さんがリピートしてくれるかどうかは、その時に作ったヘアスタイルに満足出来たかどうか、という事と同時にその美容師との時間が楽しかったか、という事が大きな判断材料になってしまう、という事をかなり意識しているようです。つまり美容師にとってお客さんとの会話術は、次の指名がもらえるかどうか、という事に関わってくるんですね。そこで多くの美容師たちはどんな話をしたらお客さんに喜んでもらえるのか、どの様な態度で接したらお客さんを不快にさせないで済むのか、という事で日々頭を悩ませていう様です。もとから人と会話をする事が好きだ、という人はこういう事についても積極的に取り組む事が出来るでしょうけれども、技術を磨くことは楽しいけれども、人との会話は本来苦手な性分だ、という美容師にとってはとても大変な事ですよね。綱島の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ