入浴後の過乾燥を防ぐためには

入浴後の過乾燥を防ぐためには

入浴後の過乾燥を防ぐためには

入浴直後は乾燥が進んだ状態、過乾燥になると言われています。この過乾燥状態を防ぐためにはまず何をしたらいいのでしょうか。入浴直後の行動について考えてみましょう。まずお風呂から上がった時には体の水気を拭き取ります。タオルで拭き取るわけですが、この時にタオルで力任せにゴシゴシと拭いてしまうのはいけません。柔らかいタオルを使って水分を吸収させるように拭いていきます。肌を擦って水分を蓄えている角質層を傷つけないように注意してください。その次に保湿を行います。まずは化粧水で肌に水分を与えてあげます。そして水分で肌を潤わせたら保湿クリームを使って水分を閉じ込めてあげましょう。入浴直後から保湿を終わらせるまでには5分位を目安に行います。もしも入浴と同時にスキンケアをするという人は、クレンジングでメイクを落として洗顔を行なっておくようにしましょう。クレンジングは入浴中に済ませる事ができない事もあります。オイルを使ったクレンジング剤は水を含むと洗浄力が落ちてしまうので、入浴前にメイクを落としておいたほうがいいでしょう。もしもクレンジングを入浴中に使う事ができないという時には家に帰ってきた直後にメイクを落としておいたほうがいいかもしれません。入浴直後は時間との戦いになりますので、スキンケアの中で終わらせる事ができる工程は全部終わらせておいたほうがいいでしょう。乾燥を防ぐことを第一に考えて行動をしてみてください。ダイエットをするときにリバウンドが問題となります。リバウンドをしてしまうと結局以前よりも太ってしまい、ダイエットで体重を減らしても意味が無くなってしまいます。このリバウンドを起こさないためにはその原因について詳しく調べてみる必要があります。リバウンドの原因としてよく語られるのがホメオスタシスという生命維持機能の働きです。エネルギーを消費させにくくし、食べ物から得られるエネルギーは最大限に摂取しようとしてしまい、少しの量を食べただけでも簡単に太ってしまうことがリバウンドの大きな原因と言われています。実はこれだけがリバウンドの原因にはなりません。食欲のコントロールが難しくなるというのもリバウンドをしてしまう原因なのです。ダイエット中は満腹感の得られ方が変わります。これはレプチンの働きが変化するということが原因なのですが、レプチンの分泌量が適正な状態を保てていれば、食べたら普通に満腹感を感じて食べすぎを防いでくれます。ダイエットを終えてから普通の食事をするとレプチンの分泌量が少ない状態のために食べても満腹感を得られなくなり食べすぎてしまいます。それがリバウンドにつながってしまう原因になります。約1ヶ月はレプチンの量が戻らないと言われていますので、1ヶ月間は満腹感に合わせて食事をするのではなくカロリーを基準に食事を摂取していく必要があります。ダイエット後は食事の量に注意を払っていくとリバウンドを防ぐことに繋がるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ