入浴で乾燥させないためには

入浴で乾燥させないためには

入浴で乾燥させないためには

入浴の時に肌を洗うとしたらどうやって洗っているでしょうか。人それぞれ洗い方があると思いますが、ボディーブラシを使っているなんて人もいるかもしれません。入浴中に肌をブラシで擦ったりすると肌が傷つきます。肌が傷つくと角質に含まれている保湿を司っている成分がお風呂に溶け出していき肌からは水分がなくなっていくことになります。これが入浴による肌の乾燥の原因と言われています。入浴で肌が乾燥する事にはもっと他の原因も考えられていますが、洗うことで肌を傷つけてしまうという事も大きな原因になっているのです。肌の汚れをしっかりと落とそうと努力するほど肌が傷つき保湿する力が失われていき乾燥がひどくなるということです。もしも体を洗うとしたら、入浴前に洗っておくことです。入浴中に洗うことで保湿成分が溶け出してしまいますので、入浴前に洗っておくと保湿成分の流出を防ぐことができます。そして入浴中は必要以上に肌をこすらないようにすることです。体を温めることを中心に湯船に浸かり、その後お風呂から上がったら乾燥を防ぐために化粧水や保湿クリームを使って水分が逃げないようにしていきます。もしもブラシなどを使って体を洗ってしまっているという人は肌を傷めないような洗い方に変えていったほうがいいでしょう。石鹸やボディーソープによる泡の力を利用して汚れを落としていき、必要以上の刺激は与えないようにしてあげてください。毎日の入浴法を見なおしてみるだけでも乾燥の悩みを改善する事ができるかもしれません。ダイエットをしている時に大事なことは食事です。基本は朝昼晩と3食食べます。その時に太りやすい人は夜の食事が多くなりがちです。そして朝食が忙しさの理由から少なくなりがちです。これは逆にしたほうが痩せやすい生活になります。まず夜の食事についてですが、夜食べた分のカロリーは夜の間では消費されません。体自体が休息のために準備を始めていますし、どんなに運動量を増やしてみたところで脂肪が燃焼しにくくなります。つまり食べすぎた分はほとんどが脂肪に変わるということになります。逆に朝食べた分はその後の昼間の活動によりすべてが消費されていきます。朝食を食べることで体の代謝は良くなりその結果痩せやすい体になっていってくれます。炭水化物は午後3時を回った後に食べるとエネルギーに変わらなくなるなんて言われています。3時のおやつというのは糖分が消費される一番ギリギリな時間と言うことになります。朝は糖質の消費が一番高くなる時間のため炭水化物をしっかりと食べても大丈夫な時間になります。ダイエットのために炭水化物を抑えた生活をしているなんて人もいますが、朝食でしっかりと食べれば別に炭水化物を抑えた食生活を送る必要はないわけです。特別な運動が必要なわけでも、特別な食事制限が必要なわけでもありません。1日に摂取しているカロリーの振り分けを朝に大きくしてみてください。それだけでも自然と太りにくい体が出来て、簡単にダイエットが出来るようになりますよ。宇都宮の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ