食事は体内時計に合わせて

食事は体内時計に合わせて

食事は体内時計に合わせて

人間の体には体内時計というものがあります。その時計に合わせた生活を送ることが出来ると美容にも健康にもいい生活が送れるようになります。ダイエットをしている人は特に体内時計に合わせた食生活を心がけていくといいでしょう。美容に気を使っている人は、朝何時に起きてよる何時になる、朝食、昼食、夕食の時間をしっかりと決めているなんて人も多いと思います。人間の体の体内時計は朝起きた時に決まります。よく起きたら太陽の光を浴びるといいと言われますが、これは体内時計をリセットして働かせるために効果的です。人間が美容と健康に良い生活を送るためにはまず朝起床してから2時間以内に朝食を食べるようにすることです。朝食を体内時計に合わせて食べるようにすると1日の体の働きも正常になります。そして夕食を食べる時間は朝起きてから12時間くらいが丁度良いと言われています。人間の体は起きてから14時間くらいで睡眠に入るようになっているため、あまり遅く夕食を食べてしまうとエネルギーを消費できずに溜め込んでしまうことになります。これが皮下脂肪となって蓄積されていき肥満に繋がるわけです。睡眠に入る前に夕食を済ませて消化させておくようにすると内蔵への負担も抑えることができ、快適な睡眠をとれるようになります。朝食と夕食をとるタイミングは特に体内時計に影響されているため、体内時計に合わせた食生活を送れるようにしてみるとダイエットをしなくても痩せていけるようになる可能性もありますよ。食事による栄養補給や水分の摂り方って、結構適当という人も多いのではないでしょうか。でもこの二つの摂取方法を見なおしてみるとダイエットにも美容にもいい衣生活を送れるようになるかもしれません。朝起きた時には水分の補給が必要になります。なぜなら寝ている間にコップ1杯程度の汗をかき体からは水分が失われているからです。水分を補ってあげることで肌から失われた水分も補給できてその後の肌の状態に違いが出てきます。冷たい水ではなく白湯を飲むと内蔵に優しく朝食の消化も良くなります。朝食は白湯を飲んでから食べるようにしましょう。タンパク質をしっかりと食べて内蔵の働きを活発にして代謝を上げてあげると昼間の脂肪燃焼効率もアップします。昼食は1日の中で一番食べてもいい時間帯です。ダイエットをしている人も昼食は我慢しないようにするとストレスなく食事制限が出来るようになります。15時位には間食も考えておきましょう。間食はダイエットの的と思われがちですが、間食も食べ方を間違えなければ問題ありません。15時以降の糖質の吸収ができなくなるため、甘いものは15時までに食べておくようにしましょう。夕食では糖質は脂肪になってしまうため避けないといけません。甘いものが好きな人は15時の間食が1日のうちで最後のチャンスとなります。寝る前にも水分の補給を忘れないようにしてください。水分を摂って血行を良くしておくと新陳代謝も活発に行なわれるようになり肌にも良い影響が出てきますよ。門前仲町 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ