食事制限とリバウンドの関係について

食事制限とリバウンドの関係について

食事制限とリバウンドの関係について

食事制限のダイエットをした時にリバウンドの存在が怖いですよね。無理をした分だけリバウンドのリクスが高まるわけですが、リバウンドを避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。基本的に無理な食事制限ダイエットをしないということがポイントになりますが、ダイエットをしていると少なからず食事制限をしてしまう事があります。食事制限を続けていると食欲を抑えるホルモンであるレプチンの分泌量が減少していきます。食欲を抑えるホルモンが少なくなると、それだけ食事量を抑える事ができなくなるということです。もしもレプチンの分泌量が低下している時にダイエットを終えて通常の食事に戻したとしたらどうなるでしょうか。満腹感を得られないために食事の量をコントロールする事が出来ずに食べ過ぎてしまうことになります。食事制限を行なっていた体は脂肪を蓄えやすくエネルギーを消費しにくい状態になっています。食べた分はことごとく脂肪に変化していき、食事の量を抑える事も出来ないため必要以上にカロリーを摂取しすぎてしまう事になります。レプチンによる食事量の抑制効果はダイエット終了から1ヶ月位かけて正常に戻ると言われています。つまり1ヶ月は食事量の加減が分からない状態が続くということになります。せめて一ヶ月は自分の意思で食事量をコントロールする必要があるということです。ダイエットを終えてから一ヶ月は食べ過ぎないようにしてレプチンが正常に戻るのを待つことでリバウンドを防ぐことができるのです。美容院 川越駅 トリートメント 縮毛矯正 口コミ おすすめ メンズ


ホーム RSS購読 サイトマップ