粗食には美容と健康のデメリットがある

粗食には美容と健康のデメリットがある

粗食には美容と健康のデメリットがある

粗食は美容や健康に良いなんて言われています。粗食と言うのは低カロリーで、手の混んでいない、豪華ではない食事といったイメージでしょうか。それ程種類が多いわけではありませんので栄養のバランスが心配になりますが本当に美容や健康に良いのでしょうか。アトピーの改善のために粗食にしているという人もいますが、それで改善されない人も沢山います。ダイエットのために粗食を心掛けているという人もいますが、その場合は健康面での不安が出てきてしまいます。人間は痩せている程長生き出来ないと言われています。BMIが18以下になると死亡リスクが高まります。BMI18以下となると美容に理想的な体型と言われていて、モデルの人や女優などが維持している体型になります。女性にとっては理想的な体重になりますが、それは健康を維持することが難しい体になっているとも言われています。ちなみに太りすぎに当たるBMI30以上でもBMI18以下よりも死亡リスクは少ないようで、痩せすぎがいかに危険なのか分かります。粗食を行うことは美容や健康に良いと言われていますが、栄養のバランスが悪くなり、本来必要な栄養素が足りなくなるということもあります。栄養が足りなければ肌が作られませんし美容に良い効果を得ることは事実上無理と言うことになります。粗食ではなく栄養のバランスを考えたカロリー制限のある食事は美容にも健康にも悪くなりませんので、ただ粗食を実践していくということではなく栄養を考えて食事をしていくようにしてみてください。粗食と和食は違います。粗食とは穀物と野菜を中心に食べていく食事で肉や魚は食べません。脂肪が少なくなるので一見すると健康やダイエットに良さそうに感じますが、実際には栄養が足りなくなり、粗食を続けていっては寿命が縮んでしまいます。和食になるとおかずの種類が増えていくので栄養のバランスが取れるようになります。粗食で心配になるのはタンパク質です。肉や魚を食べないというのは脂肪のカットになると言うイメージがありますが、それ以上にタンパク質の不足が心配になります。タンパク質はアミノ酸の集合体ですが、タンパク質が無いと体は作られません。人間の体には20種類のアミノ酸が必要で、そのうち9種類のアミノ酸は体の中では作られないので食べることで摂取する必要のある必須アミノ酸となります。タンパク質が不足するとこの必須アミノ酸が足りなくなり、体を作っているタンパク質が不足してしまい肌あれや健康不良につながってしまうのです。粗食を続けて行くと栄養が不足してしまうので、もしも粗食を取り入れるなら、定期的に実践していくという方法が大事になります。粗食ばかりの生活は決して美容のためにも健康のためにもならないということを理解しておきましょう。和食はバランスの取れた美容や健康に良い食事方法なので、もしも食事方法を変えたいと言うなら和食にしてみると良いでしょう。粗食でダイエットを行うときには栄養の不足に十分な注意を払っていくようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ