スキンケアで肌を甘やかさないように

スキンケアで肌を甘やかさないように

スキンケアで肌を甘やかさないように

普段からスキンケアを毎日行なっていることが習慣となっている人は多いと思います。スキンケアをすることが今の肌の状態を良くすること、もしくは維持することに繋がると思っている人は多いはずです。でも肌のトラブルが続くようになると、本当にスキンケアが必要なのかどうかについて疑問を抱く必要もあります。スキンケアで肌の状態が保たれたり良くなる人も入れば、スキンケアによって肌の状態を悪くしてしまう人もいます。自分の肌には本当にスキンケアが必要なのか考えてみてください。スキンケアをし続けるのは肌を甘やかしているのと同じです。肌に足りていない栄養や水分を与えてあげて、保湿できなくなっている肌に皮脂膜代わりのクリームを使ってあげるというのは、肌が自分で何もしなくても与えてもらえている状態です。甘やかしていると人は育たないように、肌も甘やかしていると自分で自分の肌を守ろうとすることができなくなります。肌は自力で乾燥を防いだり老化を防いだりする機能があります。その機能を働かせるようにするためにはスキンケアで甘やかし続けてはいけないのです。肌になんでも与えてあげるようなケアはやめて少し肌に厳しく接してあげる方が肌の状態は良くなります。メイクをした時にはクレンジングで洗い流しますので、その後の化粧水や美容液をやめて、乾燥を防ぐための保湿だけにとどめてあげましょう。そうすると肌は自分に必要な成分や水分を自分で作り出そうと働くようになり、肌の状態が良くなっていくのです。よくダブル洗顔はよくないと言われていますが、その理由はどこにあるのでしょうか。ダブル洗顔とはメイクを落とすためのクレンジングと顔の汚れを落とすための洗顔を両方行うことです。スキンケアでは長らくそれが一般的と言われてきていましたが、ダブル洗顔は肌の乾燥を招く大きな原因とも言われています。ダブル洗顔をすることで乾燥肌になってしまう理由を理解してみましょう。ダブル洗顔の内メイクをまず落とさないといけないのでクレンジングを行います。クレンジングはメイクを油分や界面活性剤を利用して洗い流します。メイクは油分を使わないと落とせませんので通常の洗顔では効果がないのです。そのためにクレンジングが必要になります。そして肌についた皮脂汚れやホコリ等は洗顔によって洗います。クレンジングで落としたメイクの汚れもクレンジングをした後なら洗顔で落とすことができます。実はクレンジングはとても洗浄効果が高く、クレンジングを行うことで皮脂汚れは落ちますし、さらには角質の保湿成分まで洗い流してしまうのです。クレンジングで皮脂汚れが落ちているのにさらに洗顔をしてしまうと肌が傷んでしまうのは当たり前です。汚れている肌に洗顔は必要ですが、汚れていない肌に洗顔はダメージにしかならないのです。クレンジングの洗浄効果が高くなってきていることもあり、洗顔は必要なくなってきているのです。肌の乾燥がダブル洗顔によって引き起こされている可能性もありますので、日頃からクレンジングと洗顔を行なっている人はクレンジングのみで済ませたほうがいいかもしれませんよ。新小岩の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ