体調管理ができる

体調管理ができる

体調管理ができる

美容師と言う職業において、アシスタント時代が一番離職率が高い、と言われています。それだけアシスタントという立場は精神的にも体力的にもきついのだと思われます。ですがこの時期を乗り越えなくては将来の夢はかなわないのです。この時期に一番大切にしなければならないのは体力ではないでしょうか。体調を万全に整える努力をしなくては、一度体調を崩して休んでしまうと、おそらく崩れる様にして仕事が嫌になってしまうのではないでしょうか。この時期明日も頑張ろうと思えるだけの体力をつけておくことはとても大切ですし、病気をしないように体調管理ができなくては、一日のおくれはその後にとても影響します。確かに仕事はきついでしょうし帰りも遅くなる日が多いでしょう。ですが睡眠をとる、栄養を付ける、という事は怠ってはいけないのではないでしょうか。また時期によってはインフルエンザなどの病が流行する事も有ります。ですが美容師は安易にマスクをして仕事をするわけにはいきませんよね。お店には空気清浄器なども設置してあるかも知れませんが、それでもなかなか防げない事もあります。流行病は確かにどうしようもありませんが、抵抗力があれば感染を防いだり、罹っても軽くて済むケースも多いと言われています。美容室の料金設定やメニュー設定は「こうしなければならない」と言うものは基本的には無いようです。ですからどんなメニューをどのような料金で提供するか、という事は実質的にはオーナーや店長によって決められているようです。ですから例えば同じ「デザイナーズカット」であっても、それが他店でも同じレベルの美容師が切ってくれるとは限りませんし、デザイナーズカットの料金がお店によって違っていたりもするものです。一般的にこのように細かい料金設定をしている美容室と言うのは、美容師の人数が多い美容室だと考えたらよいでしょう。新人美容師からベテラン美容師までランク付けが出来るほどの美容師を抱えている美容室でなければ、このように料金設定をするのは難しいですよね。明らかに美容師のテクニックに差がある、と誰もが感じるような美容室では、同じ料金でどの美容師にあたるかという事で仕上がりに差が出るのでは、お客さんに申し訳ない、という事からこのような段階的な料金設定がされているわけです。ですが経営面から言えば、例えば一律カットは4500円と設定するよりは、店長クラスのカットを+3000円ぐらいに設定する事で、それだけ単価の底上げをする事ができますよね。つまりそういう料金設定をする事でより利益を上げる事を目的としている美容室も多いのです。大島の美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ